2020年12月16日「2020年7月豪雨災害でつながる 学生ボランティア活動報告会」

2020年12月16日「2020年7月豪雨災害でつながる 学生ボランティア活動報告会」

新年あけましておめでとうございます!学生応援村広報部立命館大学2回生 眞鍋京加です。

12月16日(水)に学生応援村も参加している多大学プラットホームにて「2020年7月豪雨水害でつながる 学生ボランティア活動報告会」の第ニ回目に参加しました。

第一部では、くまとーち、学生震災救助隊、SCRUM、学生応援村の4団体より活動報告が行われました。私たち学生応援村が、どういった団体で普段どんな活動をしているのかを報告しました。また、他の団体の活動についても聞く事ができました。特に、神戸大学学生震災救援隊は感染症対策をしながら、現地でボランティア活動を行っていたことがとても印象的でした。学生応援村も早く現地でボランティア活動できるようになれば良いと思いました。

第二部では、第一回目と同じく参加者同士でグループディスカッションをしました。私が参加したグループでは、団体に入った理由について話し合いました。一人一人入ったきっかけが異なっていてとても興味深かったです。災害ボランティアに関する熱意を、肌で感じる事ができました。

今回、このような貴重な経験ができ、本当に有意義な時間を過ごす事ができました。この経験を生かして、学生応援村もどんどん新しい事に挑戦していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました