応援村紹介

77億人笑顔プロジェクトについて

こんにちは。

本日は、応援村について紹介していきたいと思います。

第三回目の記事を担当するのは、学生応援村 広報部 立命館大学2年の眞鍋京加です。

応援村とは、東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中に地方都市を盛り上げるために始まった団体です。地域の人々が飲食しながらスポーツを観戦できる場所を作り、地域活性を目指します。地方自治体と民間が主催者となり、全国100万箇所の設置を目指しております。また、オリンピックを盛り上げるだけでなく、全国各地で懸命に生きる人たちを応援することや災害時に協力しあえるコミュニティーを作ることも大きな目標です。

そんな応援村が取り組んでいるのは「77億人笑顔プロジェクト」です。このプロジェクトは、学生応援村直属の団体である応援村が実施したものです。「ソーシャルディスタンスで離れた距離だけ、笑顔で」をキャッチコピーに、未来を担う子どもたちのたくさんの笑顔を、日本国内はもとより、国の垣根を越えて歌とともに広げていくプロジェクトです。

他にも、松任谷正隆作曲、小山薫堂作詞による「アースソングプロジェクト」にも取り組んでいます。このプロジェクトは、子どもから高齢者まで、アーティストもそうでない人も、自由に言葉を紡ぎ、歌い、未来へつないでゆく音楽を作ろうという思いから始まりました。

この他にも、応援村では様々事に取り組んでいます。今後、どんなプロジェクトを行うのか目が離せません。詳しくは下記のURLをチェックしてください!

応援村
https://ouen-mura.com

77億人笑顔プロジェクト
https://c-fight-ouenmura.ooo/egao77.html

アースソングプロジェクト
https://ouen-mura.homes/lyrics

タイトルとURLをコピーしました